HDD故障を診断・復活!ハードディスクエラー救出本部

パソコンによくある寿命によるトラブル、故障・重い動作・破損・起動が遅い原因は故障したHDDにあり。手順を追って修理・エラー復活のやり方を紹介。また予防策としてバックアップ・フォーマットのソフト・リカバリーツール、インストール方法を説明します。

診断からデータ整理で復活できるツール、デフラグ

   

PowerX PerfectDisk 13 Pro シングルライセンス

長い間パソコンを使用していると、ファイルの保存や消去、移動などの作業が繰り返し行われます。その過程で、データの断片というものが生まれます。

これは、パソコンのシステム上、ファイルが移動するときにデータすべてが移動するのではなく、その中身を分割して表したり、一時ファイルとして一時的に退避したりすることもあり、その結果、ファイルの断片がうまれます。

これが増えてしまうと、ひとつのファイルに対して断片化したファイルがいろんな場所にちりばめられてしまい、データを読み込む際に磁気ヘッダがあち こちに移動しなければならないようになります。これはパソコン内部でのデータのやり取りの話なので、私たちユーザがファイルの移動や削除などの行動、すな わち手動では解決できません。

ですから、これを解決するツール(ソフト)が搭載されています。それが「デフラグ」というものです。

診断からデータ整理で復活できるツール、デフラグ

デフラグを行うと、断片化していて非効率だったファイルの並びをすべて整列させることができるので、ファイルの読み書き(とくに連続して読み取るもの)に対してスピードがとても速くなります。

しかし、Windows標準のデフラグツールは荒っぽいもので、一度行うたびにハードディスクの寿命が3ヶ月縮む、といわれています。ですからデ フラグは半年に一度、一年に一度と、長い間隔をあけてする方が多いですね。デフラグを行うと、パソコンの起動が30秒も縮まったという話も聞きます。これ は大きいですね。

市販のソフトなら、Windowsが備えているデフラグツールよりも正確に行うことができます。お勧めは以下のツール。

パーフェクトという名前のとおり、完璧にデフラグを行ってくれます。Windowsのデフラグツールだと、デフラグが終了しても断片化したファイルが少し残るのですが、こちらのほうはまったくといっていいほど断片化はなくなります。

なぜこうなるのかというと・・・

人によってパソコンの使い方は違いますよね。このデフラグツールはパソコンの使用用途に応じて、頻繁に使うデータを考慮してデフラグを行ってくれるのが特徴です。

 - 問題解決方法

ピックアップ

ピックアップ

Message

  関連記事

発熱によるPCの熱暴走対策

パソコンの冷却ファンの位置、通気口の位置がわかるでしょうか? この位置はパソコン …

ゴミ箱から消去したファイルを復元する手順

ファイルを整理しているときに、大事なファイルを誤って削除してしまった経験はありま …

壊れたHDDを処分・消去する方法

最近は情報流出などがニュースで頻繁に取り上げられる時代ですから、ただトラブルが起 …

余計な設定をリカバリーできるレジストリ整理

パソコンを使っているうちに、ドライバなどインストールすることは多いですよね。たと …

障害・トラブルを回避できるイメージバックアップ

デフラグなどでデータ整理が終わったら、パソコン内部はかなり快調な動きになるはず。 …

HDDの異常を調べ解決する

異常作動がみられ、不安定な感じがしたときはまずエラーチェックからはじめると良いで …

/** * Set mydomain as the domain name of visited website */