HDD故障を診断・復活!ハードディスクエラー救出本部

パソコンによくある寿命によるトラブル、故障・重い動作・破損・起動が遅い原因は故障したHDDにあり。手順を追って修理・エラー復活のやり方を紹介。また予防策としてバックアップ・フォーマットのソフト・リカバリーツール、インストール方法を説明します。

壊れたHDDを処分・消去する方法

   

最近は情報流出などがニュースで頻繁に取り上げられる時代ですから、ただトラブルが起きて診断した結果、壊れたからゴミ箱へポイ、ということをしていると、もしかしたら知らない人にデータを吸出しされてしまいかねませんよね。

ですから処分するときは、自分でデータの痕跡を残さないよう、後処理をしてから処分するべきです。

シュレッダーを使って処分する

ハードディスクがデータを記録する仕組みを思い出してみると、単純明快です。データはすべて円盤のディスク内に保存されていますね。それに対して少しでも傷がついてしまうと、データは破損してしまう、ということを他のページで説明しました。

と、いうことは・・・逆に考えてみましょう。ハードディスク内のデータを人に見られたくなければ、自分で直接HDDに傷をつけてしまえばよいのです。また、思い切ってぐにゃっとまげてしまったり、ちょんぎったりしても良いですね。

でも自分の手でやるのは抵抗がありますね。今のご時勢、便利なアイテムがありますからそれに頼るのも手です。オススメなのはパーソナルシュレッダー

本来は紙を細かくビリビリに破き、情報の流出を防ぐ用途のモノでしたが、最近のシュレッダーはディスク状の硬いものでも細かく切り刻むことができます。

ハードディスクケースは単純にネジで巻かれている仕組みなので、ネジをはずしてやれば、ディスク状のものが重なっているものがあるはず。それを取り出し、パーソナルシュレッダーにかけてやれば、それでデータは消滅です。HDD以外にもCD、DVDなども処分できますので、使い勝手が良いですね。

 - 問題解決方法

ピックアップ

ピックアップ

Message

  関連記事

診断からデータ整理で復活できるツール、デフラグ

長い間パソコンを使用していると、ファイルの保存や消去、移動などの作業が繰り返し行 …

ゴミ箱から消去したファイルを復元する手順

ファイルを整理しているときに、大事なファイルを誤って削除してしまった経験はありま …

HDDの異常を調べ解決する

異常作動がみられ、不安定な感じがしたときはまずエラーチェックからはじめると良いで …

障害・トラブルを回避できるイメージバックアップ

デフラグなどでデータ整理が終わったら、パソコン内部はかなり快調な動きになるはず。 …

発熱によるPCの熱暴走対策

パソコンの冷却ファンの位置、通気口の位置がわかるでしょうか? この位置はパソコン …

余計な設定をリカバリーできるレジストリ整理

パソコンを使っているうちに、ドライバなどインストールすることは多いですよね。たと …

/** * Set mydomain as the domain name of visited website */