HDD故障を診断・復活!ハードディスクエラー救出本部

パソコンによくある寿命によるトラブル、故障・重い動作・破損・起動が遅い原因は故障したHDDにあり。手順を追って修理・エラー復活のやり方を紹介。また予防策としてバックアップ・フォーマットのソフト・リカバリーツール、インストール方法を説明します。

HDDの容量や軽さなどの性能は何で決まるのか

   

外付けハードディスクや内臓ハードディスクなど、HDDを購入するときは、性能の指標をみて決めますよね。ここでは、HDDの性能を決める要因を説明したいと思います。

主な要因は3つあります。「回転数」「キャッシュメモリー」「平均シーク時間」です。

3つの要因

・回転数

回転数とは、ディスクの回転する速度をあらわします。回転数の値が高いほど、データの読み込み量、速度が高くなるという利点があります。しかし、回転数が増えると、発熱量も上がるという欠点があります。

・キャッシュメモリー

キャッシュメモリーとは、2から32MB程度のデータ領域のことです。ファイルを読み書きするときに、一時的に保存しておいたり、頻繁に使うデータ を保存しておく場所です。すると、その後の読み書きのスピードが速くなります。この要領は大きければ大きいほど、高速になります。

・平均シーク時間

平均シーク時間とは、磁気ヘッドとアームが目的の位置にまで動くのにかかる時間のことです。この値が短いほど、データにアクセスするのが速くなり、処理の高速化になります。

 

これらのことを踏まえると、HDDに含まれているディスク枚数にも考慮する必要がでてきました。パッケージに書いてある容量だけ信じて選ぶと、間違いが起こることがあります。

なぜなら、同じ容量のHDDでも、ディスクの枚数が違うものがあるからです。ディスクの枚数は少なければ少ないほど、ヘッダが動く距離が小さくなるため、処理速度が高速になります。

 - HDDの知識

ピックアップ

ピックアップ

Message

  関連記事

HDD(ハードディスク)の仕組み

ノートでもデスクトップでも、どのパソコンにも必ずHDDは搭載されています。まずメ …

HDDの設定エラー・問題・故障の診断

パソコンを使っていると起動できなくなったり誤ってファイルを削除・消去してしまった …

処理が重くなる原因と救出 ハード面の障害

PCにはそれぞれ寿命があり、中でもHDDの寿命が大きく影響されます。それは、HD …

障害の深刻さの度合い、目安

ハードディスクの障害とひとくくりにいっても、その傷の深さが違います。ここではその …

データ復旧センター利用の手順

業者依頼によりデータを復元する場合、決められた手順に沿って行われます。手順として …

磁器ディスク回転時の異音の原因

HDDが変な音でうなっているなと気付いたら物理的な障害があるといえます。 HDD …

処理が重くなる原因と救出 ソフト面の障害

HDDの空き容量が少ないと単純にデータが保存する領域が少なくなるばかりか、パソコ …

モニターから故障原因を調査する

パソコンが起動できない故障の場合で、HDDに原因がある可能性のある症状のケースを …

HDDを構成するパーツ

ハードディスクを構成するパーツの中で不具合を起こしやすい箇所があります。制御基盤 …

/** * Set mydomain as the domain name of visited website */